ハゲやAGAに関するブログを書いていく

女性よりも男性の方が薄毛になる人の割合が多く、しかも、20代~30代と若い人にも多い。この20代~30代でなる薄毛と言うのは、老化現象による薄毛ではなく、男性型脱毛症(AGA)である。AGAと言うのは、男性ホルモンの影響を受ける事によって薄毛になり、しかも、年代を問わない。このAGAの場合には、髪の毛が抜け落ちてしまって薄くなるわけではなく、髪の毛1本1本が細くなることによって密度が薄くなり、薄く見える。

実際にAGAが進行した人の頭皮を見てみると、産毛のような髪の毛が無数に生えており、完全に抜けているわけではない。だが、髪の毛1本、1本が産毛レベルまで細くなってしまうと、周りからはかなり薄く見えてしまう。では、なぜAGAになると産毛のように髪の毛が薄くなってしまうのかと言うと、AGAによって髪の毛の成長サイクルが乱されてしまうからである。

髪の毛は、①成長期→➁退行期→➂休止期→➃脱毛・発毛期の4つのサイクルをもち、そして、①の成長期が全体の8割を担う。この成長期の間、髪の毛は太く長く成長するわけだが、AGAになるとこの成長期の期間が極端に短くなってしまう。つまり、最初の産毛の状態から、太くたくましい髪の毛へと成長できず、そのまま抜け落ちてしまう。髪の毛が成長せずに生えてきた状態そのままのため、ボリュームが増えずに、密度が低いままの状態にある。これがAGAによって薄くなってしまうメカニズムだが、男性の薄毛のほとんどがこの状態。男性の薄毛の場合には病院が必須となるだろう。特に名古屋市内(天白区や昭和区)など名古屋市営地下鉄沿線上の人は必須。名古屋の人必見。名古屋の有名病院でAGA治療するならここAGAになる原因と言えばすぐに親からの遺伝とピンとくるのではないだろうか?もちろんそれは正解である。AGAは特に親からの遺伝によってなるかどうかが分かれる。

だが、しかし、特に強い影響を与えるのは、父親ではなく母親のほうだ。おそらく多くの人が考えているのは父親の頭を見て、将来自分は禿げないor禿げるというのを想像しているだろうが、それはどちらかと言うと間違いである。重要なのは、母親である。いや正確に言うと母方の遺伝子である。母親は当然女性なんで、AGAの遺伝子を持っていたとしても、男性よりもAGAになりにくい。これは女性ホルモンなどの影響をよるものだ。だが、男性は女性ほど女性ホルモンは分泌されないので、AGA遺伝子を受け継げば禿げてしまう。では、母親がAGAか判断できないなら何で判断すればよいのかと言うと、それは母方の祖父である。母方の祖父が若いころから薄ければ、AGAの遺伝子を持っているだろうし、逆に今もフサフサであればAGAの遺伝子を持っていないだろう。なので、母方の祖父を観察してほしい。ちなみになぜ母方なのかと言うとそれはAGAの遺伝子がX染色体の中にあるからである。

愛知県内では色々と病院を調べる必要がある。AGAが進行し、髪の毛が薄くなってきた場合あなたはどうするだろうか?放置するという人もいるだろうが、ほとんどの男性は焦って何か育毛対策をするだろう。その育毛対策の中で一番多いのが、市販の育毛剤を使ってAGAを解消するというものだ。だが、はっきり言うとネット通販で購入した育毛剤を数か月又は数年使っても全くAGAの進行は止まらないだろう。なぜなら、それら育毛剤には、AGAを治療する効果はないからだ。なので、市販の育毛剤を使っての育毛対策と言うのはあなたの貴重な時間と大切なお金を奪うだけである。いくら髪の毛が薄くなり、焦り始めたといっても絶対に市販の育毛剤だけには手を出してはいけない。